wakudeki

感想の練習

銘探偵メルカトル鮎は無謬である - 「メルカトルかく語りき」

具体的なネタバレは含みません。

「メルカトルと美袋のための殺人」「翼ある闇 メルカトル鮎最後の殺人」も通して、メルカトル(と美袋)についての話です。

メルカトルかく語りき (講談社文庫)

メルカトルかく語りき (講談社文庫)

 

 

麻耶の小説を読むのは「メルカトルと美袋のための殺人」、「翼ある闇」と続いて三冊目。また、私はミステリ読みではない。(ミステリ読みの方々に刺されたくないので強調させて頂く)

そうした観点から、感想や好きな点などを紹介していこうと思う。

 

麻耶の小説はミステリをどっぷり読んでいる人間こそ真に楽しめるものだと思うのだが、ミステリ初心者からすれば「なんだこれ」で終わってしまいそうな作品が多い。この本は特にそうだ。

 

麻耶がミステリにおける「名探偵」という役割を特別なものと感じていることはこれまで読んできた数冊からも十分に伝わってくることで、それはこのシリーズにおける名探偵役であるメルカトル鮎に冠せられた「銘探偵」という役名からも伝わってくる。

メルカトル鮎はミステリにおいて問題となる「名探偵の推理は真に正しいのだろうか?」という疑問を飛び越えたところに存在している。「名探偵の推理は間違いなく正しい」、つまり「正しい推理をするのが名探偵」という、名探偵という銘を刻まれた存在として、「銘探偵」と呼ばれるのだろう。

「メルカトルは無謬である」。その前提の上でこそ、ナンセンスとしか言いようのない結末ばかりを集めたこの一冊は成立するし、また面白いものとなるのだと感じる。

逆に言えば、「メルカトルの推理は間違っているかもしれない」という可能性が残されたとき、或いは残されずとも想定したとき、この一冊の意味はほぼ無に帰すと言ってしまってもよい。

 

私の小説を読む基準は基本的に文章、文体が好みであるかであり、事実や出来事の描写、言ってしまえばその羅列が大半となりがちな麻耶の文体は特段好みでなく、また犯人当てのクイズめいた部分にも興味はない。邪道の自覚は重々あるが、長々事実確認と消去法のような絞り込みをしているのを読むことには退屈してしまう。

好みに嵌ったのは、麻耶の小説においての登場人物の役割性の強さだ。メルカトル鮎メルカトル鮎という人間である前に名探偵である。無謬な人間なのではなく、名探偵だから無謬なのだ。それは完全なる物語の都合であり、物語を形成する世界(そして作者の)作為である。メルカトル鮎メルカトル鮎として小説に描かれるとき、どこまで行っても、名探偵である銘探偵でしかなく、メルカトル鮎というただ一人の人間にはなりえない。そのある種もの悲しいとも言える決定的な事実が、俗に言えば萌えるし、とても熱い。

 

また、こちらも大変俗的な楽しみ方であるが、メルカトルと助手役美袋の奇妙な関係が単純においしい。助手役でありながら、美袋はメルカトルを「いつか殺す」と心に決めている。その時点で奇妙だが、さらに奇妙なことに、そう心に誓いながらも、美袋はメルカトルに付き合い、ともに旅行をし、事件に同行(推理小説家としてネタ集めの名目はあるにせよ)し、そして何度でも、一歩間違えれば死んでいたような危険な目に会うのである。

そうした美袋三条の精神性は奇妙としか言いようがないのだが、彼が殺意を抱きながらも尚付き合うのは何故かと言えば、それもまた彼が「探偵の助手」役であるからに過ぎない。(友達だから、という理由も一応付け加えておく)

ざっくばらんに言えば美袋はあまりなにも考えていないのだが、それがまた「なんだこれ」と言った結末を前に、あるいはメルカトルの策略にひっかかり、絶望させられる結末には正にぴったりで、時には読者と共に絶望し、時には彼なりの感情や考えを真っ向から否定され絶望する様を読者へと見せてくれる。後者については、特に美袋のための殺人での「遠くで瑠璃鳥の啼く声が聞こえる」が鮮やかだった。かく語りきの「収束」もおいしい。

美袋が絶望させられる様は単純に好みであるし、既存の感情や考えを否定され、絶望によって物語を終える方法は私自身よく採る。そうした意味で、麻耶雄嵩は大変好みの作家であるし、ミステリ読みのみならず絶望好き、役割好き、世界の作為好きなど様々な人に薦めたい。

 

 

冒頭にも述べたように、麻耶雄嵩の小説はミステリ読みが読んでこそ、これまでの常識を打ち破られて面白いし、ミステリ読みであればにやりとしてしまうような小ネタが多数含まれているようなのだが、生憎私はミステリ読みではない。

が、上記の通りミステリ読みでない私でも楽しむことはできたし、ミステリ読みでなければ楽しめないというわけではない。

ここで最後に、ミステリ読みでない人へおすすめする読む順序を紹介して締めくくろうと思う。とは言え三冊しか読んでいないので三冊のみでの紹介となってしまう。他にもメルカトルの登場する長編は多数存在するので、全て読んでいるファンの方々には恐縮だが、現時点でのおすすめ順ということでご勘弁願いたい。

「メルカトルと美袋のための殺人」→「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」→「メルカトルかく語りき」

以上の順である。また、助手美袋三条は翼ある闇や、他長編には登場しない。

 

おすすめ順の理由として、翼ある闇は麻耶のデビュー作であるのだが、これはなによりミステリにおいての「名探偵への信頼」があってこそ面白い、或いは憤る作品である。ミステリ読みであればこれは既に形成されているものであるのだが、ミステリ読みでない場合は「メルカトル鮎というキャラへの理解」で代用するのが最もてっとり早いだろう。理解というのは好意であったり、安心感であったり、あるいは鼻持ちならないだとか、様々なものであるのだが、とにかく「メルカトル鮎は無謬である」という理解が翼ある闇へ至る前に形成されていれば十分であると思う。その上で翼ある闇を読んだときに読者を襲うのは、正に短編において美袋三条へ降りかかる絶望そのものに極めて近いのではないだろうか。

まあ、実際のところミステリ読みでない人間が「メルカトルと美袋のための殺人」を読んだところで「メルカトル鮎は無謬である」という理解が形成されるかは謎であるのだが……。(インチキ名探偵だと思われる恐れすらある)

 

とにかく「名探偵は無謬である」という絶対の事実の上に成り立つのが銘探偵メルカトル鮎である。それを踏まえるだけで、ただ読めば「なんだこれ」となりがちな三冊が、俄然ミステリ読みでない人間にも楽しめる本になるのではないかと考える。

そして、翼ある闇での探偵となる木更津、そしてその助手香月は以上の前提の裏をかくようなキャラクター、関係となっていることもまた面白い。

 

他の長編も読んだらまた感想を書くかもしれない。とにかくオススメです。メルカトルシリーズ。

 

 

 

メルカトルシリーズと「名探偵という舞台装置」という概念を教えてくれたぐるぐるさんのブログも紹介させていただきます。

ぐるぐる読書備忘録ぐるぐる読書備忘録

テストやら何やらもろもろでボンヤリしていたらもう九月も下旬だ。ちょこちょこイベントに行ってはレポを書こうとしているのだけれど、公開できるレベルに達する前に頓挫し...

物語における舞台装置についての話なので、こちらの記事を選びました。

 

 

メルカトルと美袋のための殺人 (集英社文庫)

メルカトルと美袋のための殺人 (集英社文庫)

 

 

 

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)